エントリー

社員紹介

早川 詩織

富山営業所 経理・仕入れ担当/2014年入社

インテリアデザインを学んだ私が、ミヤシゲを選んだ理由。

大学ではインテリアデザインを専攻し、住宅の図面や模型作りなどを学びました。学歴から考えれば、商社のミヤシゲは意外な選択かもしれませんが、住宅や商業施設には欠かせない管材や住宅設備、水道など暮らしに身近な商品を扱っているところに魅力を感じ、入社しました。現在は経理・仕入れ担当として、日々の入出金の管理や、納品書チェック、伝票作成を行っています。それ以外にも日常業務として、お客さまからの電話注文を対応したり、店頭お引き取りのお客さまへの品出しを担当しています。こう並べると、多忙に聞こえそうですが、私一人でやっているわけではなく、チームで業務を分担しているので、残業するほど忙しいわけではありません。むしろ、私はいま以上に仕事をこなせるようになりたいと思っています。

入社1年目。やさしさが、叱られるより心に響いた。

実は正直に言うと、入社1年目のころの私の業務態度はあまり良いとは言えないものでした。お客さまからの電話注文でパイプの名前を告げられても「そんなの使ったことないから、知らないし…」と無責任な気持ちで、おざなりに仕事をやっていました。そんな私を変えてくれたのは、富山営業所の上司や先輩の方々です。当時の私が適当な対応でミスを犯し、みなさんに迷惑をかけてしまっても、厳しく怒ることもなくフォローをしてくれました。そのやさしさが、叱られるより、私の心に響きました。「こんないい方々にこれ以上迷惑をかけてはいけない」。そう強く反省しました。

自分がミスをしない、だけじゃチームが良くならない。

2年目以降、チームプレイを意識して仕事に取り組むようになりました。自分がミスをしないように気をつけるのはもちろんですが、メンバーがミスをしないように配慮することも心がけています。たとえばお客さまからの注文を伝票に起こして、配送の方に渡す際も、仮に黒いパイプが伝票にずらっと列挙されている中、1つだけ白いパイプが混じっていたら、それに赤丸をつけて見落とさないようにするなどの工夫をしています。また、電話注文の時もしっかり対応できるように、手が空いた時は倉庫へ行って実物を見ながら商品名とサイズを覚えるようにしています。

結婚、出産後もイキイキと働く先輩女性社員が憧れ。

職場は男性社員の方が多いですが、女性社員への配慮が手厚いので安心しています。基本的には定時で帰れるように所長が気を配ってくれ、ごくたまに残業が必要な時も「ちょっと遅くなるけど大丈夫?」と事前に声をかけてくれます。実はミヤシゲは第二新卒で就職した、2社目の職場。前職と比べても、圧倒的にストレスを感じることなく働けているので、本当に良い職場に恵まれたと思っています。お子さんがいるママさん社員は16時までの短時間勤務もできるので、結婚後も長く続けている先輩もいます。私も、彼女たちのような仕事もプライベートも両立できるカッコいい女性をめざしてここで成長していきたいです。

TOP